パティ動物病院

HOME >  短頭種  > ブルドッグ

ブルドッグ

  • ブルドッグについて


    イングリッシュ・ブルドッグは、大きな体格と独特の顔のひだが特徴と言えます。

    看板犬ココ(イングリッシュ・ブルドッグ)は、院長の愛犬でもあり、24時間を共に生活していると、
    「あっ、そうだったのか」、「もしかして、これはこうかな」など、沢山の気付きが生まれます。

    例えば、ブルドッグと一緒に寝ていると、「グゥー、ゴー」といういびきが聞こえます。その時「呼吸が苦しそう」、「無呼吸になってしまうのはブルドッグだから仕方ない」、「こういうもんだ」と思い込むのではなく、それを問題ととらえる必要があります。
    気付いてあげることで、その子たちにもっと快適な生活を送らせてあげることができるのです。

日帰り手術について

日帰り手術が可能なものは、手術当日にご家族のところへお返しできるようにしております。
当院では手術後、麻酔からの覚醒も早く、日帰りで行えるものが大半を占めます。
わんちゃんにとって、入院はストレスになりますので、可能な限り手術は日帰りで行っております。

日帰り手術のメリット
・いつも接しているご家族の傍にいられる事、慣れた自宅にいられることで
 わんちゃんは安心でき、しっかりと休む事ができます。ちょっとした変化にも気づいて頂けます。

・「当日に帰って大丈夫なの?」とご質問を受けますが
 手術の内容やわんちゃんの性格によっては、逆に日帰りで返した方が予後がいいです。
 
・臆病、緊張しやすい、シャイな性格のわんちゃんでは、特に安心です。
 ほとんどのわんちゃんは、病院では緊張してしまいます。
 自宅の方が安心して、ゆっくり休めるのです。

手術後のアフターケア
・帰宅後、何か気になることがあれば当院獣医師と連絡が取れますのでご安心ください。
手術当日は獣医師が病院の電話を携帯しておりますので、退院時にお伝えした番号へおかけください。