Menu

パグ

Home

パグについて

パグは、他の短頭種と比べても特に眼球の露出部分が大きいため、
その構造的な問題から眼のトラブルを引き起こす子が多くいます。
そのため、単にそれを外科的な治療で形成しようとするのではなく、
まずは自宅でも出来るような方法を飼い主さんにご説明させて頂いております。

また呼吸器の問題を抱えている子も多く麻酔のリスクが高い犬種とも言われていますが、
当院ではパグの麻酔症例も数多くこなしており、パグの麻酔時に起きうる問題を想定し、対応できるようにしています。

お困りの際は、どうぞご相談下さい。

軟口蓋の過長

鼻の短い犬は、鼻の長い犬と比べて、鼻と口を分けている「軟口蓋」と呼ばれている部分が
気管の入り口にひっついてしまいやすく、うまく空気が肺に入りにくくなってしまいます。

また、パグに関してはもともとこの軟口蓋の動きが悪くなる理由が潜んでいるようです。
近頃は、短頭種の中でこの治療に対して一番効果が高いのがパグちゃんだと感じております。

この問題は年齢を重ねるにつれて悪化してしまいます。早期に手術をする必要があります。