Menu

パグ

Home

パグについて

パグは、他の短頭種と比べても特に眼球の露出部分が大きいため、
その構造的な問題から眼のトラブルを引き起こす子が多くいます。
そのため、単にそれを外科的な治療で形成しようとするのではなく、
まずは自宅でも出来るような方法を飼い主さんにご説明させて頂いております。

また呼吸器の問題を抱えている子も多く麻酔のリスクが高い犬種とも言われていますが、
当院ではパグの麻酔症例も数多くこなしており、パグの麻酔時に起きうる問題を想定し、対応できるようにしています。

お困りの際は、どうぞご相談下さい。

足の痒み

「うちの犬が足を舐めるのですが…」と病院で相談して
ストレスですね と片付けられた経験がありませんか?

実は、この皮膚病の原因の9割はストレス性ではなく、治せるものです。
治療後も適切なケアが必要になる子もいます。
残りの1割はストレス性ですが、コントロールが必要な子、治る子もいます。


うちの子が舐めていて、手足が濡れている
布団に入ろうとすると、布団が濡れて…
ペチャペチャ音がして寝れない…

…わかります。治しましょう